あたしが今トップ欲しいものは「時」、厳密に言えば「自分だけの時」

自分が現下、特別欲しいものは「期間」だ。厳密に言えば「自分だけの期間」とでも言いましょうか。
今は子育てに追われる四六時中だ。いや、そうは言っても、子育てで忙しいわけではないのですが、しかしちびっこがまだ小さい結果、常に目を離せない状態です。
ちびっこが眠っているときは多少の時間はあるものの、全品解放されたわけではなく、寝ぼけて「フニャー!」とでも泣こう雑貨なら、すぐに駆けつけなくてはいけませんし、突然死でもされたら自分は生きていけませんので、定期的に外観をうかがいに行きます。うちの乳幼児、うつ伏せ寝が大好きですし。
ですから本当に常時連日、ちびっこのことを考えている四六時中だ。「私だけ」という時間はないと言ってもいいでしょう。ですからこそ、「自分だけの期間」が欲しいのです。
「自分だけの期間」はここしばらくはないですねえ。けれども実は、上の乳幼児が保育園に入園して自分がお産装着で産休に入った月々ぐらいの時だけ、ちびっこから解放された時間はありました(お腹の中にはいますが)。
保育園へちびっこを送り出したその後、「うぉお~今から何やるかー!」という提供第六感はこちらしばらく味わっていませんね。まあ、普通期間ができたら世帯をしてしまって、いつの間にか招待の時間になって、普通まったくの自由なんてなくなっているのですが。
ですからまあ、ここしばらくはまるっきりちびっこから手が離れた提供第六感は味わっていませんね。
けれども、子どもたちがアダルトするまでは、やっぱりなんだかんだとちびっこのことが気になって、「ちびっこから離れた期間」なんてないのかも知れませんね。
ちびっこが大きくなるにつれて、「ちびっこに要る学資やなんだのために、勤めるようなもんよ!」という感じになるらしいですしね。
やっぱり社会人になるまで「自分の期間」はないのでしょうか。 また、自分で自由に使えるお金がないのも辛いところですね。部分痩せダイエットは可能です!その秘密とは?