束縛をもう少しゆるくください

私の彼女は私の一門上で、昔は放任流儀で制約はしたことがないと聞いて言いました。

しかし人付き合いをしてみると、男性が現れる企業の打ち上げは禁物、女子友達のダディ侵入のめし会は禁物、県内出先は彼女と一緒でなければ禁物、系統の既読無視は電話が掛かってくる、商売始まる前文、終わったら系統でレポート、残業は禁物他にも数多くの決め事があり何をしているか一部始終把握していないと気がすまない彼女。

最近では、SNSの使用は禁止され、個展などをする為に準備していた工作も好み以外は禁物など基本的彼女自身が許可したヤツ以外との関ることを論外させえられ、この間には残業で伝言しなかったばかりに、企業に乗り込んでこられのちのち商売へ出社させて買えず、そのまま退職することになりました。

こんな系を閉めたいと思い、別れ話をしたのですが、別れてくれないのが乱暴彼女の特徴です。

そこで提唱を出しました。「制約をもう少しゆるくください。」とお願いした店「面倒」と、一喝されました。

でも諦めず、「月収二回くらいは身近とごはんに行きたい。」と交渉をしてみましたが、「企業のヤツは身近じゃないからダメだよ。○○ちゃんと△○さんだけなら会っていいよ。ただし自身の商売が終えるまでに帰宅してないとダメだからじゃないと心配で迎えに行くよ」と理不尽なことを言われます。

彼女いわく、「心配から他人と会わせたくない。」「大好きだから束縛するんだよ。」「自身が飲み会に行くことに何にも思わないみたいだけど、自分もおんなじ行いできると思わないでね。」と言うのが言い分らしいです。

実際、再実績も彼女が「奥様の企業で、女子の人相方法の商売か、ヤツと関達ない企業じゃないと禁物」などと言われてましたが、いま多くの提唱をし続けた結果、「女性が多くて企業条件がよく残業がない」なら実績してもよいとなりました。

このような感じで毎日のように彼女の思うがままの毎日をし、年俸もなく店賃も払えない状態です。

離れれないのなら、ゆっくりですが彼女を改善していく事業に決める。

これからも色々打ち合せ、商売だけでなく昔の環境に戻れるように努力していきたいと思います。カードローンで無利息サービスを受ける